アパレル通販業界の決済方法分析


■目次

第1章:売上高上位アパレルECサイトに支持される決済手段はなにか?
・搭載決済の洗い出しと、採用率

第2章:消費者に支持される決済手段はなにか?
・消費者の負担 費用と作業のマトリックス

第3章:アパレル通販特有の決済事業を探る
・総合通販上位との決済ラインナップ比較

第4章:総括 アパレル通販で採用すべき決済とは

【第1章】:売上高上位アパレルECサイトに支持される決済手段はなにか?

アパレルECサイトの理想的な決済手段ラインナップはなにかを分析・考察してみた。
「理想的な決済」の前提は
消費者が買いたい商品があり、決済ページまで進んだ際に
選択できる決済手段がなく買わなく(失注)してしまうリスクを極限まで低くする
とした。

まずアパレルECサイト売上高上位20社に採用されている決済手段の洗い出しを行った。(図1)
※出典:月刊ネット販売 2014年10月 宏文出版株式会社発行
図1:アパレルEC売上上位20社の決済ラインナップ
※画像をクリックすると別ウィンドで拡大画像を見ることができます。
image01

クレジットカードと代金引換はアパレルECサイト売上高上位20社全てに採用されている。
それ以外の決済手段で図1のECサイトに採用されていたものをリストアップし採用率の高い順に並べてみる。

図2:アパレルEC売上上位20社の決済手段 搭載サイト一覧
※画像をクリックすると別ウィンドで拡大画像を見ることができます。
image02

図3:アパレルEC売上上位20社の決済手段 採用率ランキング
※画像をクリックすると別ウィンドで拡大画像を見ることができます。
image03

採用率1位はクレジットカードと代金引換で100%
次点で後払い決済が50%であった。

【第1章】:売上高上位アパレルECサイトに支持される決済手段はなにか?

結論:現況分析から考察するアパレルECサイトに最も支持されている決済はクレジット決済と代金引換

 


【第2章】:消費者に支持される決済手段はなにか?

第1章の図3でリストアップした決済手段を
購入者にとっての利便性・費用という2軸で整理すると以下のようになる。
図4:購入者目線での決済マトリックス(手数料×利便性)
※画像をクリックすると別ウィンドで拡大画像を見ることができます。
image04

上記図で示されているように購入者にとって負担のすくない決済は以下2種類が挙げられる。
・クレジットカード決済
・ID系決済(楽天ID、LINEpay等)
購入手続きの際に、自分のIDを持っていればクレジットカード情報の入力が不要である点が購入者の利便性向上に貢献している。
ID系決済は、利用IDに登録したクレジットカード情報による支払方法なので実質クレジットカード決済と同義である。

【第2章】:消費者に支持される決済手段はなにか?
結論:購入者にとって一番負担が少ない決済はクレジットカード決済


【第3章】:クレジットカード決済でも、取りこぼしてしまう見込客は??

現在、ECサイトでの採用率が高く、且つ購入者の利便性の高い決済はクレジットカード決済。
他の決済を、クレジットカード決済で取りこぼしてしまう見込み客用の補完決済としての観点でチェックしていく。
クレジットカード決済の弱みとして、以下2点がある。

①セキュリティ(情報漏えい、不正利用等)への不安
②クレジットカード未所持

①のセキュリティに懸念がある購入者の真意は以下3つに大別される。

①-A.通販では基本的にクレジットカードは使わない。
①-B.通販ではクレジットカードを利用するが、自分の知らないEC(初利用、知名度低い等)サイトではクレジットカードの利用は控えたい。

①-A.の懸念を抱える購入者への補完決済は
クレジット情報を一切利用しない代引き決済が最適。

②-B.の懸念を抱える購入社への補完決済は
誰でも利用できる=代引き
追加費用を負担したくない=キャリア決済、各種ID決済
が有力。

②クレジットカード未所持の購入者への補完決済は
誰でも利用できる=代引き
追加費用を負担したくない=キャリア決済
が有力。

【第3章】:クレジットカード決済でも、取りこぼしてしまう見込客は??
結論:クレジットカード決済の補完決済は、代引き、キャリア決済、各種ID決済


【第4章】:アパレル通販特有の決済事情を考察する

本章では、アパレルECサイト特有の傾向を探るために、
全業種の通販打ち上げランキング上位20位を比較対象として
決済手段のラインナップ比較を行った。

図5:全業種 通販売上上位20社の決済ラインナップ
※画像をクリックすると別ウィンドで拡大画像を見ることができます。
image05

図6:全業種 通販売上上位20社の決済手段 搭載サイト一覧
※画像をクリックすると別ウィンドで拡大画像を見ることができます。
image06

図7:アパレルECと全業種通販売上上位各20社の決済手段 採用率比較
※画像をクリックすると別ウィンドで拡大画像を見ることができます。
image07

図7に記載したアパレルECサイト売上上位と総合通販売上上位では下記特徴が見受けられた。

アパレルECサイト売上上位だけに採用されていた決済
後払い
キャリア決済
各種ID系決済

総合通販上位だけに採用されていた決済
ネットバンキング

図8:購入者目線での決済マトリックス part2(手数料×利便性)
※画像をクリックすると別ウィンドで拡大画像を見ることができます。
image08

アパレルECサイトのメインユーザーを以下層と想定して、ネットバンキングが採用されない理由を考察する。

F1層(女性の20~34歳)を中心とした、
T層(12~19歳)及びM1(男性の20~34歳)、M2(男性の35~49歳)、F2層(女性の35~49歳)で

主な属性は以下
①学生
②社会人
③主婦
そもそもネットバンキングは、口座を開設さえしていれば、銀行窓口に振込依頼に行く手間が省ける決済だが、
特にT層には敷居(労力)が高い決済である。
又、手数料も216~324円と後払いやコンビニ前払いよりも少し割高。
アパレル通販店舗にネットバンキング決済がないのは、口座開設の敷居の高さと手数料の高さが挙げらる。

後払いやキャリア決済、各種ID決済が多く採用されている理由は
敷居(手間)はほとんどかからないのと手数料の低い為、支持されている決済と言える。

【第4章】:アパレル通販特有の決済事情を考察する
結論:アパレルECサイト特有の決済は、後払い・キャリア決済・各種ID系決済である。

各決済の特徴は、次の記事に記載する。
キャリア決済、後払い決済、ID系決済の違い