法人取引(BtoB)売掛決済代行サービスの比較


目次

・第1章:BtoB売掛決済代行サービスとは?
・第2章:BtoB売掛決済代行企業のサービスについての比較

・第1章:BtoB売掛決済代行サービスとは?

企業間の取引では信用取引(売掛決済)が一般的であるが、買い手企業への代金未回収リスクがあるため、予防策として与信審査、対応策として催促等の代金回収業務が発生する。
そこで、こういった売掛決済の与信審査と回収業務、代金未回収リスクを解消する方法として「BtoB売掛決済代行サービス」がある。

「BtoB売掛決済代行サービス」とは、一定の手数料を支払うことにより、与信管理、請求書発行業務、代金回収業務まで売掛決済で生じる業務をすべて代行してくれるサービスである。
また、売掛金の保証がされるので、与信管理の負荷と代金未回収のリスクが同時に解消される。

今回の分析コラムでは、BtoB売掛決済代行を行う各企業のサービスを比較を行った。

・第2章:BtoB売掛決済代行企業のサービスについての比較

まずはBtoB売掛決済代行サービスを行っている主な企業を図1にまとめた。
図1:BtoB売掛決済代行企業サービス比較表
※画像をクリックすると別ウィンドで拡大画像を見ることができます。
btob1
また、BtoB売掛決済代行サービスを導入している企業を図2にまとめた。
図2:各社売掛決済代行導入企業
※画像をクリックすると別ウィンドで拡大画像を見ることができます。
btob2
図1の導入社数を見ていただくとBtoB売掛決済代行サービスのシェアは株式会社ラクーンが提供している「paid」が圧倒的である。
追随して株式会社ネットプロテクションズの「FREX B2B後払い決済」がある。


・「paid」は買い手側がpaidへの事前審査を済ませてからの利用となる。注文毎の与信が必要なく、
買い手の支払い方法として口座振替が用意されているので継続して取引するビジネスモデルの企業に向いている。
買い手の事前審査が必要で注文毎の与信が必要ないという意味で同じ形のサービスとして、「クロネコ安心決済サービス」と「SAGAWA B2B決済サービス」があげられる。


・「FREX B2B後払い決済」は、paidのような買い手の事前登録及び審査の必要はない。その代わり注文毎の与信が必要となる。事前審査が必要ないので単発の取引が多い企業に向いている。
事前審査の必要がなく、都度の与信が必要という意味で、同じ形のサービスとして、「後払い.com for B2B」があげられる。


その他の違いについて詳細にまとめたものを図3に記載する。
図3:「paid」と「FREX B2B後払い決済」のサービス内容の主な違い
※画像をクリックすると別ウィンドで拡大画像を見ることができます。
btob3
最後に今回調査したBtoB売掛決済代行サービス各社の参照サイトを下記に記載するので比較検討の際の参考にしていただきたい。
>> paid
>> FREX B2B後払い決済
>> クロネコ安心決済サービス
>> SAGAWA B2B決済サービス
>> 後払い.com for B2B